『21世紀の資本』が視聴できる動画配信サイト

投稿者: | 2020年8月10日
21世紀の資本
公開:2019年 | 制作:フランス・ニ…

キャスト・スタッフ

出演 トマ・ピケティ
監督 ジャスティン・ペンバートン
原作 トマ・ピケティ
製作 マシュー・メトカルフ

見どころ/ストーリー紹介

「格差社会」の真相を描いた、トマ・ピケティによる世界的ベストセラー経済書を映画化
ピケティ自ら監修・出演し、著名な政治・経済学者と共に資本主義社会の問題をわかりやすく解説。高度経済成長やリーマンショックを見てきた21世紀の日本人必見の経済映画。
フランス革命、植民地主義、世界大戦、大恐慌、オイルショック、リーマンショックなど、過去300年にわたる歴史の中で社会を混沌とさせた出来事と経済の関係をひも解いていく。世界中の経済・政治の専門家たちが集結し、資本主義の真実に迫る。

感想・レビュー

世界経済まるわかり映画 経済は普通に聞いたら分かりづらいけど、専門家の方々の分かりやすい話やポップカルチャー、映画のシーンやアニメが使われていて、とても良く理解できた。 資本主義とどのように向き合っていくのか。何世紀にも渡る問題についてとても考えさせられた。 映画にして特徴的だったのは、多数の専門家が出演することです。専門的な内容に説得力を増します。また、現実の歴史的背景や思想の変遷の具体的説明には、既存の映画やアニメが使われており、感覚的に理解することができました。
難しい話なのかと思っていたが、よく知られている映画のシーンを引用したり、時代、時代を彩る出来事の有名なシーンを用いたりして、わかりやすくなっていた。音楽もエレクトロポップ調で飽きさせない作りになっていた。もちろんピケティをはじめ、いろんな経済学者や、研究者の話も交えながら、為になる映画でした。 本を読むのが億劫な方にお勧めです。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

違法アップロード動画を視聴する危険性

今後PANDORAやDailymotionで動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、このような動画共有サイトの動画は公式に許可なくアップされた違法動画になります。

YouTubeの公式チャンネルなどは番組で制作しているので問題ありませんが、それ以外の動画アップロードサイトは著作権に違反しています。

というのも、著作権のある現在をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのはみなさんも聞いたことがあると思いますが、視聴しただけでも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまうと、後々大変なことになってしまうことがあります。

例えば無料の動画共有サイト、Youtubeとか有名なサービスは安心ですが、アングラなものになるとウイルス感染の可能性があります。

その中でも中国が運営管理している動画サイトは高リスクだと思われます。

その理由として、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導

などがあげられます。

 

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

U-NEXTで視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連動画(YouTube)

『21世紀の資本』は、ブルーレイ&DVDでの視聴も良いのですが、動画配信サービスでの無料視聴がオススメです。

特に私がオススメするのは、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

※無料体験トライアル中でも、ポイントが付与されるので、有料動画も見ることができます。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です