追悼ショーン・コネリーの『007/ドクター・ノオ』が視聴できる動画配信サイト

投稿者: | 2020年11月4日
007/ドクター・ノオ
公開:1962年 | 制作:イギリス

キャスト・スタッフ

出演 (ジェームズ・ボンド) ショーン・コネリー
(ハニー・ライダー) ウルスラ・アンドレス
(ドクター・ノオ) ジョセフ・ワイズマン
(M) バーナード・リー
(Q) ピーター・バートン
(マネーペニー) ロイス・マクスウェル
(フェリックス・ライター) ジャック・ロード
(デント教授) アンソニー・ドーソン
(クォレル) ジョン・キッツミューラー
(ミス・ターロー) ジーナ・マーシャル
監督 テレンス・ヤング
原作 イアン・フレミング
音楽 モンティ・ノーマン
ジョン・バリー
脚本 リチャード・メイボーム
バークレイ・マーサー
ジョアンナ・ハーウッド
テレンス・ヤング
製作 ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ
ジェームズ・ボンド

見どころ/ストーリー紹介

伝説のスパイが誕生!『007』シリーズの記念すべき第1作。
映画史に刻まれるスパイアクションの金字塔。ダンディズムにあふれた身のこなしやせりふは、今観てもため息もの。受け継がれてきたテーマ曲はここから始まった。
英国秘密情報部支局長が何者かに射殺された。彼は、ロケットの弾道を狂わせる電波発信地を突き止めようとしていた。ロンドン本部は、ジェームズ・ボンド機密員を現地に派遣して支局長の足取りを探らせる。ボンドは、ノー博士の存在を知り…。
初公開時の邦題は『007は殺しの番号』。

感想・レビュー

映像技術とか、今見ると物足りない感もあるけど、、、紳士的で落ち着きのあるボンドがかっこよさに痺れた。 時々情熱的になるのもギャップがあってかっこよかった  でも、結構殺されてもおかしくない場面が何度かあったり、逆にすぐ殺さないのは何故だ〜って何度か思ったけど、実はその余裕もまたかっこいいのかもしれない 銃の音や、人が死ぬシーンがすーごい静か あとテーマソングがカッコいい〜 何回聴いてもかっこいい〜
とっても時代を感じた映画でした! スパイ映画要素あんまないし、放射能とか余裕で使うし、なによりウルトラマンみたいにミニチュアセット使ってたのにはちょと笑った 最後の結末シーンも今のアクション系映画とは全然違うアナログ感が感じられました ジェームズボンドさんは女の子大好きなのね ただあの007といえばという音楽は初めからちょとワクワクします

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

U-NEXTで視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連動画(YouTube)

『007/ドクター・ノオ』は、ブルーレイ&DVDでの視聴も良いのですが、動画配信サービスでの無料視聴がオススメです。

特に私がオススメするのは、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です