パニック映画『オープン・ウォーター』が視聴できる動画配信サイト

投稿者: | 2020年5月18日
オープン・ウォーター
公開:2004年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演 (スーザン) ブランチャード・ライアン
(ダニエル) ダニエル・トラヴィス
ソウル・スタイン
エステル・ラウ
マイケル・E・ウィリアムソン
監督 クリス・ケンティス
音楽 グレーム・レヴェル
脚本 クリス・ケンティス
製作 ローラ・ラウ

見どころ/ストーリー紹介

2人きり、取り残された足の届かぬ海の中。感じるのは無数のサメの気配だけ
海上で起きた実話をもとに描かれるサスペンス。ひょんなことから海に取り残された夫婦をサメの恐怖と肉体的な消耗が襲う。時系列で進んでいくシンプルな構成が効果的だ。
忙しい仕事の合間にようやく取れたバカンスを利用し、カリブ海にやってきたダニエルとスーザン夫婦。ツアー客で満杯のボートに乗り込み、ダイビングへと向かった2人は束の間の非日常を満喫。だがスタッフのミスでボートは海に2人を残したまま帰ってしまう。

感想・レビュー

地味なサメ映画、ずさんな人数確認!豹変する男! 水の映像と不穏な音楽がなんかよかった。 実話という話なので、実際この状況は相当こわい!
時間が経つにつれてサメに喰われる可能性が高くなっていく、サメは本物だし、俳優たちは実際にサメが泳ぐ中で演技してるので、絶望感がリアルに伝わってきて怖かった。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

違法アップロード動画を視聴する危険性

今後PANDORAやDailymotionで動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、このような動画共有サイトの動画は公式に許可なくアップされた違法動画になります。

YouTubeの公式チャンネルなどは番組で制作しているので問題ありませんが、それ以外の動画アップロードサイトは著作権に違反しています。

というのも、著作権のある現在をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのはみなさんも聞いたことがあると思いますが、視聴しただけでも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまうと、後々大変なことになってしまうことがあります。

例えば無料の動画共有サイト、Youtubeとか有名なサービスは安心ですが、アングラなものになるとウイルス感染の可能性があります。

その中でも中国が運営管理している動画サイトは高リスクだと思われます。

その理由として、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導

などがあげられます。

 

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

U-NEXTで視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連動画(YouTube)

『オープン・ウォーター』は、ブルーレイ&DVDでの視聴も良いのですが、動画配信サービスでの無料視聴がオススメです。

特に私がオススメするのは、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です