『ラ・ヨローナ ~泣く女~』が視聴できる動画配信サイト

投稿者: | 2020年4月5日
ラ・ヨローナ ~泣く女~
公開:2019年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(アンナ)リンダ・カーデリーニ
(ラファエル)レイモンド・クルツ
(パトリシア・アルバレス)パトリシア・ヴェラスケス
(ラ・ヨローナ)マリソル・ラミレス
(クーパー刑事)ショーン・パトリック・トーマス
(サマンサ)ジェイニー=リン・キンチェン
(クリス)ローマン・クリストウ
(エイプリル)マデリーン・マックグロウ
(ペレズ神父)トニー・アメンドーラ
(ドナ)アイリーン・ケン
監督マイケル・チャベス
音楽ジョセフ・ビシャラ
脚本ミッキ・ドートリー
トビアス・イアコニス
製作ジェームズ・ワン
ゲイリー・ドーベルマン
エミール・グラッドストーン

見どころ/ストーリー紹介

『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンが贈る体験型サバイバルホラー!
残酷描写に頼らないストーリーと、観る者を恐怖へ誘う独創的なアイデアが秀逸。トニー・アメンドーラ演じるペレス神父は『アナベル 死霊館の人形』にも登場する。
1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナと彼女の子供たちは、ある女の“泣き声”を聞いてしまう。その日を境に、アンナの家族は数々の恐ろしい現象に襲われ始め…。

感想・レビュー

CGに頼らない特殊メイクの悪霊やカメラワークのトリックなどオーソドックな作りのオカルトホラー。ラ・ヨローナは嫉妬に狂って子供を殺してしまった母親の悪霊なので、母と子の関係というテーマがあるのもよかった。
Jホラーとは真逆のビックリドッキリホラー!全体的な纏まりも良く中だるみ的な無駄を削ぎ落とし簡潔かつジェットコースター的なスリリングさを突き詰めた90分弱展開は鑑賞後に爽快感すら感じさせてくれて楽しい良作!

関連動画(YouTube)

違法アップロード動画を視聴する危険性

今後PANDORAやDailymotionで動画がアップロードされることがあるかもしれませんが、このような動画共有サイトの動画は公式に許可なくアップされた違法動画になります。

YouTubeの公式チャンネルなどは番組で制作しているので問題ありませんが、それ以外の動画アップロードサイトは著作権に違反しています。

というのも、著作権のある現在をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのはみなさんも聞いたことがあると思いますが、視聴しただけでも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまうと、後々大変なことになってしまうことがあります。

例えば無料の動画共有サイト、Youtubeとか有名なサービスは安心ですが、アングラなものになるとウイルス感染の可能性があります。

その中でも中国が運営管理している動画サイトは高リスクだと思われます。

その理由として、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導
などがあげられます。

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。
この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

U-NEXTで視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連ツイート(Twitter)

関連ツイートはありません。
カテゴリー: vod

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です