追悼ショーン・コネリーの『レッド・オクトーバーを追え!』が視聴できる動画配信サイト

投稿者: | 2020年11月1日
レッド・オクトーバーを追え!
公開:1990年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演 (マルコ・ラミウス艦長) ショーン・コネリー
(ジャック・ライアン) アレック・ボールドウィン
(バート艦長) スコット・グレン
(ボロデイン副艦長) サム・ニール
(ジェームズ・グリーア提督) ジェームズ・アール・ジョーンズ
(イヴァン・プーチン行政官) ピーター・ファース
(ペトロフ軍医) ティム・カリー
(ジョーンズ水兵) コートニー・B・ヴァンス
(ツポレフ艦長) ステラン・スカルスガルド
(スキップ・タイラー) ジェフリー・ジョーンズ
監督 ジョン・マクティアナン
原作 トム・クランシー
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
脚本 ラリー・ファーガソン
ドナルド・スチュワート
製作 メイス・ニューフェルド

見どころ/ストーリー紹介

トム・クランシー原作のベストセラー長編、ジャック・ライアンシリーズ映画化第1弾!
主役は艦長役のショーン・コネリーで、この作品でのジャック・ライアンは脇役。監督はジョン・マクティアナン、撮影は「ダイ・ハード」のコンビとなるヤン・デ・ボン。
ソ連の原子力潜水艦レッド・オクトーバー号の艦長ラミウスはソ連の体制に不満を持ち、米への亡命を画策していた。CIAの情報分析官ジャック・ライアンは彼の意図を読み出すも、相手は海の下。さらにソビエト海軍や破壊工作員までもが潜水艦を狙っていて…。
冒頭の会話はすべてロシア語で行われる。約5分後にに何の違和感もなく英語に変わる演出に驚愕!

感想・レビュー

原作通りの緊張感が出せている良作。ソ連 の原潜No.1艦長役をショーン・コネリーが演じることで重みが出ている。 惜しむらくは途中から英語になってしまったこと。 目的を達成するために、乗組員を下船させるには・・自爆ではなく相手に命中したんだ・・見ている方も騙される展開はさすがトム・クランシー。 アレック・ボールドウィンも若い時は男前だったなぁ。
潜水艦映画にハズレ無しです。 派手な地上戦と異なって、心理戦での緊迫した戦いこそが潜水艦物の醍醐味だと改めて実感 良作だと思います

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

U-NEXTで視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連動画(YouTube)

『レッド・オクトーバーを追え!』は、ブルーレイ&DVDでの視聴も良いのですが、動画配信サービスでの無料視聴がオススメです。

特に私がオススメするのは、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です